【南三陸観光ポータルサイト】 宮城県南三陸から、地域の観光情報を発信中!

南三陸観光ポータルサイトへようこそ

海とともに、
生きるまち。

観光スポット

海の見える命の森

海の見える命の森

南三陸ホテル観洋から徒歩10分ほどの距離にある、海の見える命の森
東日本大震災で被害を受けた南三陸町の有志と、ボランティアの方々が整備した土地です。
震災の教訓を伝え、亡くなった人たちを慰霊する場所になっています。

また、この場所は山の上にあるので、天気の良い日は志津川湾や荒島を見ることが出来ます。
※山の上にあるので、麓の入口から5分~10分ほど階段を上ります。

海の見える命の森から見た志津川湾

 

南三陸大仏

海を見下ろす丘の上には「南三陸大仏」が鎮座し、東日本大震災で亡くなられた方々の慰霊の場となっています。
この南三陸大仏は、ミャンマーから寄贈されました。

 

避難場所としても

海の見える命の森は、有事の際の避難場所としても利用することが出来ます。
そのため、ここにはバイオトイレなど、災害が起きた際に役立つものが設置されています。
バイオトイレとは、人間の排泄物を微生物の働きによって分解・処理するトイレのこと。
災害が起きて、断水してしまった場合でも水を使わないバイオトイレなら安心して使えますね。

 

この先災害が起きた際にも、「命を守れる場所」になっている海の見える命の森にぜひ足を運んでみてください。

基本情報

※海の見える命の森は、南三陸ホテル観洋が所有する敷地内で運営しております。

住所:〒986-0766 宮城県本吉郡南三陸町黒崎 99-17 南三陸観洋内
電話番号:0226-46-2442 南三陸ホテル観洋内担当者
メールアドレス:
umimori0311@gmail.com (海の見える命の森実行委員会事務局宛)umimori.students2021@gmail.com (海の見える命の森学生委員会宛)
HP:海の見える命の森

所在地

〒986-0766 宮城県本吉郡南三陸町黒崎 99-17 南三陸観洋内

口コミ・コメントなど

Return Top