【南三陸町観光協会公式HP】 宮城県南三陸から、地域の観光情報を発信中!

南三陸町観光協会公式ホームページへようこそ

海とともに、
生きるまち。

南三陸町のモアイ像とモアイスポットについて

南三陸町のモアイ像

モアイストア本店

モアイ像が南三陸町にやってきた!

2013年5月25日、イースター島(チリ共和国)から南三陸町に世界初となる本物のモアイ像が贈られました。

南三陸町に贈られたモアイ像には黒曜石とサンゴで作られた目が入っておりますが、目の入ったモアイ像は世界に2体しかない非常に貴重なものです。

 

モアイ像と南三陸町の関わりを動画で見る

「なぜイースター島からモアイ像が贈呈されたの?」
「モアイ像にはどんな願いが込められているのか?」
「モアイ像で震災復興?」
「南三陸町のモアイ化計画とは?」
「南三陸町とイースター島は実は似ている?」

気になった方は下記ページから、モアイと南三陸町の絆について漫画・ドキュメンタリー動画をご覧いただけます。

モアイの漫画

モアイと絆の物語

 

そもそもモアイ像と南三陸町はどんな関係性があるのか?なぜ贈呈されたのか?

この問いの答えは1960年に遡ります。

以下、南三陸町の情報誌より引用▼▼▼


約17,000 キロメートルの距離を越えて、南三陸町とチリは、友好関係を深めてきた。

そのきっかけは、1960年5月24日未明に、遠い遠い海の向こうから押し寄せて来たチリ地震津波だった。
旧志津川町内だけで、41名が犠牲となり、312戸の家屋が流失、倒壊 653戸、半壊 364戸、浸水 566戸の壊滅的な被害を受けた。

この津波の記憶を未来に伝えようと、30年後の1990年に国鳥コンドルの碑がチリから贈られ、1991年には南三陸町がふるさと創生事業の一環としてチリ人彫刻家に依頼して創ったイースター島のモアイが、志津川地区の松原公園に設置された。

東日本大震災で公園は被災したが、流出したモアイ像の頭部は発見され、志津川高校の敷地内に移設された。

 

日智経済委員会チリ国内委員会が、南三陸町に新たなモアイ像を贈ろうと、イースター島の長老会に協力を求めた。
93 歳の老彫刻家マヌエル・トゥキ氏は、皆に呼びかけた。

「海に破壊された日本の町に、人々が再びそこで生きていきたいと思えるようなマナ(霊力)を与えるモアイを、贈れないのか? 私は息子とともに、日本の人たちが必要としているモアイを彫る!」

長老会は大きな拍手で包まれたという。

イースター島の石を使い彫られたモアイ像が、島外に出たことはない。
しかし、かつて倒れてバラバラになっていたモアイ像を、日本人がもとの姿に建て直す支援をしたことがあったことから、イースター島初のプロジェクトが始まった。

こうして息子のベネディクト・トゥキ氏は、石材を切り出して、親戚の彫刻家たちとともにモアイを制作した。
南三陸町を訪れたトゥキ氏は、設置されたモアイに白珊瑚と黒曜石で作られた眼を入れた。

眼が入ったモアイは、世界に2体しかないという。

南三陸町を訪れ、津波の惨禍を目の当たりにしたトゥキ氏の目に涙があふれた。
眼を入れるとマナ (霊力)がモアイに宿る。南三陸の悲しみを取り払い復興を見守る存在になることを願っている」と彼は語った。

 

チリも南三陸町も、豊かな海から糧を得、その恩恵に感謝している。
そして、長い歴史の中で、いとも簡単に人間の命や暮らしを奪う海の恐ろしさを熟知している。

地震を感じなくても、津波は地球の反対側から襲ってくることがある。
双方の地は長い時間の中で大自然の災禍を体験し、人間がどう自然と共生すべきかを学んできた。

そして、どんな困難にぶつかったとしても、勇気を持って立ち向かう心意気を勝ちとってきた。

 

「モアイ」は、イースター島のラパヌイ語で「未来に生きる」という意味だ。

門外不出の大切なものを贈ってくれたチリ共和国とイースター島の人たち、そして高さ3メートル重さ2トンの巨大な像を、はるかな島から運び設置するために力を尽くしてくれた企業や多くの人たちの気持ちが、南三陸のモアイには込められている。

未来に生きる南三陸町の人々を、遠い未来まで勇気づけ、見守り続けることだろう。

 

南三陸町のモアイスポット7選

南三陸町には、イースター島から世界で初めて贈呈された本物のモアイ像を始め、全7か所にモアイスポットがあります。
※2018年3月現在、盛土工事のため2ヶ所が見れません

南三陸町に足を運んだ際には、モアイスポットを制覇してみては!?

≫詳細はナビマップをご覧ください。

さんさん商店街に立つ本物のモアイ像

モアイ像はさんさん商店街に展示中

イースター島から南三陸町に贈呈された本物のモアイ像は、2018年2月にさんさん商店街に移設され、志津川湾をバックに展示されております。

【さんさん商店街の所在地】
〒986-0768
宮城県本吉郡南三陸町志津川字五日町51

  1. 仙台方向から、仙台港北ICまたは利府中ICから三陸自動車道にのる
  2. 三陸自動車道の志津川ICで下車後、398号線を右折
  3. 直進後、道路右手に南三陸さんさん商店街

 

戸倉中学校付近に立つ巨大モアイ像

さわやか公園に立つ2体のモアイ(戸倉)南三陸町の戸倉地区(南部)にある戸倉中学校付近に、レプリカの巨大なモアイ像が展示されております。

【所在地】
〒986-0781
宮城県本吉郡南三陸町戸倉沖田69

  1. 仙台方向から、仙台港北ICまたは利府中ICから三陸自動車道にのる
  2. 三陸自動車道の桃生津山ICで下車後、398号線を南三陸方面へ向かう
  3. 30~40分前後でモアイ像

 

館下橋の欄干に立つ2体のモアイ像

館下橋の欄干に立つ2体のモアイ

南三陸町の入谷地区(西部)にある館下橋の欄干に、2体のモアイ像が展示されております。

【所在地】
南三陸町入谷地区、国道398号線途中

  1. 仙台方向から、仙台港北ICまたは利府中ICから三陸自動車道にのる
  2. 三陸自動車道の登米東和ICで下車
  3. 20分で館下橋のモアイ像

 

志津川高校に展示されているモアイ像

志津川高校に立つモアイ(志津川)東日本大震災で流出したモアイ像(1991年にチリ本土で作成)の頭部が、志津川高等学校に展示中です。

【所在地】
〒986-0775
宮城県本吉郡南三陸町志津川字廻館92-2

  1. 仙台方向から、仙台港北ICまたは利府中ICから三陸自動車道にのる
  2. 三陸自動車道の志津川ICで下車後、398号線を右折
  3. 10分で志津川高校のモアイ像

 

志津川湾に浮かぶモアイ岩

袖浜のモアイ岩(志津川)2017年に復興を果たした南三陸町のサンオーレ袖浜に、モアイ像の横顔そっくりのモアイ岩があります。

【所在地】
南三陸町志津川字袖浜

  1. 仙台方向から、仙台港北ICまたは利府中ICから三陸自動車道にのる
  2. 三陸自動車道の南三陸海岸ICで下車
  3. 10分でサンオーレ袖浜のモアイ岩

 

旧志津川駅に2枚のモアイタイル(封鎖中)

旧志津川駅のモアイタイル(志津川)

【所在地
〒986-0767
南三陸町志津川字中瀬町32-6

※2018年1月現在、盛土工事のため周辺封鎖中(プレートの所在は不明)

 

モアイマンホール分布エリア(封鎖中)

モアイマンホール(志津川)

【所在地】
〒986-0762
宮城県本吉郡南三陸町志津川塩入81-12

※2018年1月現在、盛土工事のためほとんどのマンホールが埋まっている

 

モアイのご当地キャラクター 南三陸モアイファミリー

南三陸モアイファミリー

イースター島から贈呈されたモアイ像と一緒に、モアイの家族が南三陸町にやってきました!

赤ちゃんモアイ「モアーチョ」を含む、5体のモアイ一家。
ご当地のゆるキャラとして、今日も元気に活動中です!

≫南三陸モアイファミリー公式ウェブサイト

 

南三陸町発のオリジナルモアイグッズ

南三陸町ではモアイ像をモチーフにした様々なオリジナルモアイグッズが開発されております!
インテリア雑貨、面白雑貨・グッズとしてご自分用にはもちろん、お土産・プレゼントにもオススメです。

モアイグッズは、南三陸さんさん商店街やネット通販でお買い求めいただけます。

モアイストアAmazon店

モアイストア本店

口コミ・コメントなど

Return Top