【南三陸町観光協会公式HP】 宮城県南三陸から、地域の観光情報を発信中!

南三陸町観光協会公式ホームページへようこそ

海とともに、
生きるまち。

みなレポ

寒い冬に寒鱈料理はいかが??

南三陸町観光協会公式宿泊施設・体験ツアー等予約サイト『みなたび』

皆さま、新年明けましておめでとうございます。

1月1日私は
サンオーレそではまへ初日の出を拝みに・・・


当初、予報では雨となっていた南三陸町。
まわり一面が海のため、雲の間から日が昇って辺りを照らされ
幻想的な写真を撮ることが出来ました。

昨年海水浴場が完成し、夏はとても多くの観光客で賑わいを
みせておりますが、南三陸の絶景スポットや写真スポットとしても
とてもオススメです!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

冬ならではのイベントが始まりました!

新年が明けてからも雪が降ったり、冷たい風が吹いたりと厳しい寒さが
続いておりますが、そんな寒い日には嬉しいイベントが開催中!!

その名も・・・
さんさん商店街寒鱈フェスティバル!!!!!!!!!
期間 1月4日~2月末

提供店舗
かいせんどころ 梁
山内鮮魚店
弁慶鮨
海鮮マルセン
食楽しお彩
創彩旬魚はしもと
及善蒲鉾店
阿部茶舗
coffee&curry月と昴
フレッシュミート佐利

冬でもたくさんのお客さんに南三陸町を訪れて欲しいと、商店街の
飲食店の皆さんが南三陸産の鱈を使ったメニューを考案し始まったこの企画。
鍋に、うどんに、ラーメンなど冬に食べたいものばかり・・・。

今年は鱈が不良と言うこともあり、まだ商品を提供できていない
お店もございますが、4日から提供を始めているお店では期間限定と言うことで
注文が出るお店も多数ございます。

そんな中でも今回の寒鱈フェスティバルへの意気込み、思いを
聞かせていただいたお店を何店舗かご紹介!!!

お茶屋さんが提供する熱々うどん
 たら天なべうどん(税込850円)
提供しているのは阿部茶舗さん。
たらを使った天ぷらのほかにカキも入っており、
食べたお客様からは好評との事!

お店の方からは
「この企画のキーワードは熱々
 寒い冬でも南三陸に来て温かい鱈料理を食べて
 みんなの心も体もぽっかぽかになって頂きたい。
と思いを語っていただきました。

店舗情報

営業時間 9:00~18:00(店内喫茶17:00まで)
定休日 火曜日
お問い合わせ 0226-46-3202

1日10食の限定ラーメン!!
 寒ダラーメン(税込900円)
たこ壷ラーメンでおなじみのしお彩さんでは
お子さんも大人の方でも食べやすいようにと
工夫を重ね、あっさり塩味のラーメン
焼いた寒鱈をトッピング

数に限りがあるため、注文が相次ぎ売り切れになった日も
あるそうです。
今後食べにいく場合は早めにお店に行かれる事をオススメします!

店舗情報

営業時間 昼11:00~14:00
夜17:00~21:00
※ラストオーダーお食事21:00・お飲み物21:30
定休日 火曜日(月曜日は昼のみ営業)
お問い合わせ 0226-46-1087

女性にも優しい、映える鍋
 寒たらほうとう豆乳鍋(税込1000円)
今後寒鱈の仕入れ量をみて提供を始める弁慶鮨さんでは、
「寒い冬を鍋で盛り上げたい」と女性でも食べやすいように豆乳を使った
豆乳鍋を提供します。

お値段も1000円とリーズナブルなので1人鍋などにも
オススメです!!

店舗情報

営業時間 昼11:00~15:00(ラストオーダー14:20)
夜17:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日 水曜日(火曜日は昼のみ営業)
お問い合わせ TEL: 0226-46-5141
※団体のご予約も随時受付中です


どのお店の料理もとてもおいしそうですね・・・

今回取材させていただいたどのお店からも、冬限定の寒鱈料理を食べて欲しい、南三陸の鱈を知って欲しい、そういった思いが強く感じられました。

私自身まだどのお店の寒鱈料理も食べに行くことが
出来ておりませんが今回の取材で食べたい欲が増したので
休みなどを利用して全メニュー制覇目指したいと思います!!

2月末までと長期にわたるフェスティバルですので
皆さんも冬にしか味わえない南三陸の味を堪能してみませんか??

今年の冬は南三陸へGO~♪

今回紹介できなかったお店についてはさんさん商店街HPから
https://www.sansan-minamisanriku.com/

                        

口コミ・コメントなど

Return Top