【南三陸町観光協会公式HP】 宮城県南三陸から、地域の観光情報を発信中!

南三陸町観光協会公式ホームページへようこそ

海とともに、
生きるまち。

観光スポット

入谷八幡神社

入谷八幡神社

多幸の社 入谷八幡神社

入谷八幡神社は『八幡さん』として親しまれ、多幸の神として古くから信仰されています。また、境内にオクトパス君が納められていることから『たこ神社』『オクトパス神社』として地元民から愛されています。

文武の神『応神天皇』を御祭神としてお祀りしており、源義経に所縁のある神社とされています。境内は根回り10メートルを超えるカヤの木や樹齢450年を優に超える杉が生い茂り、生命の力を感じられる『鎮守の森』です。大神様の御神徳と生命の息吹を感じてください。

入谷八幡神社御朱印

・見開き御朱印 500円
・片面御朱印  300円

※今のご時世、遠出することが難しい…でも御朱印が欲しいという方へ
御朱印帳をご郵送頂くか、紙の御朱印をご郵送致しますのでお気軽にご相談ください。御朱印は【ご参拝の証】ですので、ご郵送ご希望の方は世の中が落ち着きましたら、ご参拝もお願い致します。(ご連絡は入谷八幡神社まで)

入谷八幡神社例祭

毎年9月に斎行される入谷八幡神社例祭は前日の『宵祭』早朝の『獣魂慰霊祭』当日の『本殿祭』この3つに分けられます。宵祭はいわゆる前夜祭と呼ばれるもので、当日の祭典を安全に迎えられるよう祈願します。獣魂慰霊祭は、畜産により命を落とした動物たちの御霊が鎮まる獣魂碑の御前に、畜産業を営む方々が集い、命の尊さと感謝を捧げるお祭りです。本殿祭では、氏子の皆様と入谷という地域の益々の繁栄と、本殿祭後に行われる神輿渡御の安全を祈願します。

入谷打囃子

入谷打囃子は京都の祇園祭が発祥とされ、約260年の歴史を持つ。4つの講(大船沢・水口沢・林際沢・桵葉沢)が交代で5年に1度、その部落の当番として打囃子を奉納する。鮮やかな山車は各講のオリジナルで1人1人が身に着ける衣装も各家庭のオリジナルである。

祭典当日、早朝より衣装に着替え化粧を済ませ、打囃子は入谷の里を練り歩く。朝6時から入谷地区を練り歩きながら10時より斎行される本殿祭に合わせ、神社境内へと到着する。担当講社は本殿祭に参列し、神輿渡御並びに打囃子の安全を祈願する。

所在地

宮城県本吉郡南三陸町入谷字水口沢243

アクセス

お車でお越しの方(三陸自動車道)
・三滝堂IC降りて志津川方面 約10分
・志津川IC降りて登米方面  約6分

『駐車場有』      

備考

入谷八幡神社公式HP:https://ocutopusjinja.webnode.jp/
電話番号:
0226-46-5347(代表)
メール:mekyo3rs@docomo.ne.jp(代表)
※ご祈祷・御朱印のお問い合わせはメールにてお願い致します。

みなみな屋 eマルシェ:南三陸からあなたに届く四季のお便り

口コミ・コメントなど

Return Top