【南三陸町観光協会公式HP】 宮城県南三陸から、地域の観光情報を発信中!

南三陸町観光協会公式ホームページへようこそ

海とともに、
生きるまち。

ツアー・プログラム

【募集開始】震災語り部講話・オンライン

【募集開始】震災語り部講話・オンライン

新型コロナウイルスの猛威により相互交流が困難に…

2020年、本来ならば東京オリンピックが開催されるはずだった年。
突如現れた新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、私たちはこれまでのライフスタイルを見直さざるを得ない事態に陥りました。

この目に見えない敵から身を守るためには、「密閉」・「密集」・「密接」いわゆる“三密”を避ける必要があります。

平時であれば皆様に直接南三陸町にお越しいただき、東日本大震災発生当時の出来事を語り継ぎ、また震災から10年を迎える町の現在の復興状況についてご案内させていただきたいところですが、緊急事態宣言が解除され、移動制限が緩和されたところで、様々な事情によりそうすることが困難な方々も多くいらっしゃることと存じます。

オンラインで学ぶ東日本大震災

そこで当協会では、“三密”を避けつつも東日本大震災について学んでいただき、また南三陸町に住む町民と対話することが出来る学習プログラムを企画いたしました。プログラム名は『震災語り部講話・オンライン』です。

その名が示す通りオンラインのビデオ通話システムを介し、語り部から受講者の皆様に東日本大震災の体験談や、現在に至るまでの復興の道のりをお話させていただく講話スタイルのプログラムです。

来年の3月11日で、東日本大震災の発生から10年の年月が経過します。
未曾有の大災害と言われた東日本大震災。
長い時の流れの中で町の復興は進み、人々の日常も大きく変化しました。
かつて被災した町民は、如何にしてこの10年を生き抜いてきたのでしょうか。

今や日本全国で大規模な災害がいつ起きてもおかしくない状況が続いています。
東日本大震災の被災者である語り部と言葉を交わし、改めて身近に潜む大規模災害のこと、更には災害への備えについて思いを巡らせてみませんか?

こんな皆様にお勧めです

現地までの移動が不要且つオンラインを活用したプログラムなので、移動費用を削減しつつ、電話で会話をするように気軽にご受講いただけます。
例えば以下のような方々に特にお勧めのプログラムとなっております。

・中学生、高校生の被災地研修旅行の事前学習として利用したい
・企業、会社の研修として防災や減災について学びたい(多拠点接続)
・遠隔地に住んでいるが、地域の防災意識を高める為に震災講話を受講したい

・家族で大規模災害や、その備えについて考えたい
・都度語り部と意見を交わしながら震災について学びたい

新しい生活様式を踏襲した学習プログラムです。
皆様のご予約を心よりお待ちしております。

プログラム詳細

<プログラム名>
震災語り部講話・オンライン
<開催可能時間帯>
9:30~17:00まで
<所要時間>
60分(講話50分+質疑応答10分)
<料金>
➀1~9名:7,000円(税別)※個人、小グループ様限定特別価格
②10名以上:12,000円(税別)
<支払方法>
銀行振込
<留意事項>
・受講希望日の3日前までにご予約下さい
・回線の都合上、ご希望の日時に受講いただけない可能性があります
開催前日までに双方向のテスト通話を行います
 お申し込みフォームにテスト通話希望日時もご記入下さい

<必須環境>
※必ずご確認下さい
・インターネット環境
・Eメールアドレス(招待URL送付用)
・PCまたはタブレット端末(必須:WEBカメラ・マイク)

震災語り部講話・オンライン お申し込みフォーム

開催状況

開催中

開催期間

通年

開催日

要予約

所要時間

60分

みなみな屋 eマルシェ:南三陸からあなたに届く四季のお便り

口コミ・コメントなど

Return Top