【南三陸町観光協会公式HP】 宮城県南三陸から、地域の観光情報を発信中!

南三陸町観光協会公式ホームページへようこそ

海とともに、
生きるまち。

みなレポ

今年も南三陸町に「コクガン」が遊びに来ました

今年も南三陸町に「コクガン」が遊びに来ました

先日南三陸町の志津川湾に毎年羽休めに来る「コクガン」が飛来しました。

コクガンって?

みなさんは「ラムサール条約」をご存知でしょうか?
ラムサール条約とは正式名称を「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」といい、この条約に登録されることは、世界的に保護する価値のある「湿地」(=海・川・沼・田んぼなど、海辺を含む身近な水辺のこと)として認められることでもあります。2018年10月、南三陸町の海「志津川湾」がラムサール条約湿地に登録され、その価値が世界的に認められました。

そんな志津川湾には、絶滅危惧種に指定されている希少ないきものたちもやって来ます。その中の水鳥の「コクガン」という鳥、日本に渡ってくるガンの仲間では唯一海で暮らすガンで、世界に7,000羽程度しかおらず、絶滅危惧種に指定されています。そんな稀少な鳥が、南三陸町(志津川湾)で毎年100~200羽が越冬しにきます。

餌の海藻アマモが豊富な志津川湾は重要な越冬地で3月末ごろまでコクガンを見ることができるそうです。

今年のコクガンの様子は?

ラムサール条約登録湿地の南三陸町の志津川湾に国天然記念物の水鳥「コクガン」が越冬の為、羽休めに来ているのが様々な所で目撃されているそうです!

南三陸ネイチャーセンター友の会によると、今年は10月末に初めて飛来し、戸倉地区では11月末に150羽ほど確認されているそうです。

繁殖地とされるロシア北極圏から飛来したコクガン。黒い身体に白いネックレスをつけたような模様が目を引きますね…
ぜひお時間がある際は、海岸や海辺を散歩しながらコクガンを探してみてください!

皆様のご来町、お待ちしております!

お得に泊まろう!

★11月23日以降のご予約の場合、「GoToトラベル」+宮城県「すずめのお宿キャンペーン」を併用するとさらにお安く宿泊できます!!
(例)
1泊2食【通常価格1名7,590円
      ↓
GoToトラベル(35%割引)4,934円
      ↓
すずめのお宿キャンペーン(更に半額)3,185円

詳しくはこちらから▼

口コミ・コメントなど

Return Top