【南三陸町観光協会公式HP】 宮城県南三陸から、地域の観光情報を発信中!

南三陸町観光協会公式ホームページへようこそ

海とともに、
生きるまち。

みなレポ

開通まで約一ヶ月!国道45号、造成の様子

南三陸町観光協会公式宿泊施設・体験ツアー等予約サイト『みなたび』
開通まで約一ヶ月!国道45号、造成の様子

上の写真、注目していただきたいのは雪解け水で絶妙な濡れ方を
してしまったモアイの表情ではなく、その背後に広がる風景です。

さんさん商店街からは、大規模な工事の様子を見ることが出来ます。
八幡川には震災前は存在していなかった大きな橋が架けられました。
橋の先には道路が続いています。
震災前の道路より10m以上高い位置でしょうか。
拡大すると大型の重機やトラック、そして沢山の作業者の姿が見て取れ、
工事が急いで進められていることが伝わります。
実はこれ、国道45号の新設工事の現場です。
現在国道45号はセブンイレブン脇の信号・五日町交差点から先に直進することは
出来ませんが、これを震災前のように橋含め伸長し、石巻方面へのアクセスが
向上するよう工事が進められています。
この道路は平成29年度の開通が決定しており、工期が残り1ヶ月を切ろうとしている今、加速度を伴いながら作業が行われているのです。
先程さんさん商店街から見た橋・汐見橋(しおみばし)を川の河口側から
望むと、このような形状をしています。
汐見橋から先の道路はこのように続いています。
私が立っているのは震災前の高さを今も維持している道路です。
新しい道路がどれだけ高い位置に造られているか、一目瞭然です。
高野会館から先を塞いでいるのは国道45号ではありません。
国道45号と交わる県道の可能性がありますが、この周辺の工事予定は大幅に
変更されているので、確定的なコメントは控えます。
高野会館を過ぎたあたりで緩やかなカーブになります。
かつて国道45号は高野会館入口の前を通っていたので、私の足元の道路は
つまり舗装を剥がされた震災前の国道45号の一部ということになります。
そして国道45号は、もう一つの橋・水尻橋に接続されます。
水尻橋~五日町交差点までが、この度ご紹介した国道工事の範囲です。

お馴染みの志津川地区・完成予想図です。 ※一部変更が発表されています
今回の国道45号の工事は、図面右下辺りが該当します。
開通まであと一ヶ月。待ち遠しい日々が続きそうです。(NIKE)

口コミ・コメントなど

Return Top