【南三陸町観光協会公式HP】 宮城県南三陸から、地域の観光情報を発信中!

南三陸町観光協会公式ホームページへようこそ

海とともに、
生きるまち。

みなレポ

南三陸町道の駅(伝承施設等)安全祈願祭

南三陸町道の駅(伝承施設等)安全祈願祭

2021年1月12日午後1時

安全祈願祭や中橋の開通式など、なにかしらのお披露目行事の日は決まって雨または強風でしたが、今回は大雪でした。雪かきをしてもしてもきりがないくらい…。
そんな中、南三陸町に新しい風が吹きました
さんさん商店街横に建設予定の南三陸町道の駅(伝承館施設等)の安全祈願祭が行われました。会場には佐藤仁町長はじめ来賓の方々、そして南三陸町道の駅をデザインした隈研吾氏が。予定通り安全祈願祭が始まりました。

道の駅完成図▼

震災から丸10年、やっと伝承館の建設が始まりました。
これまでの間、安全祈願祭、お披露目式などを繰り返してきましたが南三陸町で行う安全祈願祭はこれが最後だそうです。着々と復興が進み、とうとう南三陸町最後のシンボルとなろう建物の工事が始まります。

伝承機能・観光交流の機能・交通機能の3つを特徴とした、さんさん商店街と町、山川海の自然という空間を繋げる道の駅。最後に設計を手掛けた建築家の隈研吾さんからは、「南三陸の絆が、この建物で完結する。機能的にも複雑で苦労しました。それをつなげる鍵となったのが、建物の真ん中に大きな穴が開いていることで、この穴がいろいろなものをつなぐ、鳥居のような役割を果たす」とありました。

交通の面ではBRT志津川駅がここに移動してくるそうです。そして建物の素材は南三陸町の中でも一番美しい南三陸杉を使用し建設予定。
完成は来年となりますが、その際はコロナが収束し南三陸町にきて楽しんでいただけるかと思います。

志津川駅を降りたら、伝承館で震災のことを少し学び、中橋を渡って祈念公園へ。腹ごしらえでさんさん商店街内を回る。想像するだけで少しわくわくしてきたスタッフです(笑

完成した際はぜひ、南三陸町へ遊びに来てくださいね

 

口コミ・コメントなど

Return Top