【南三陸町観光協会公式HP】 宮城県南三陸から、地域の観光情報を発信中!

南三陸町観光協会公式ホームページへようこそ

海とともに、
生きるまち。

東日本大震災〜語り部による学びのプログラム〜

2018年4月:『東日本大震災〜語り部による学びのプログラム〜』特設ページを開設しました!

プログラムの魅力やお申し込みは、特設ページよりお願いいたします。

≫『東日本大震災〜語り部による学びのプログラム〜』特設ページ

 

観光協会主催のツアープログラム

2011.3.11東日本大震災 語り部による学びのプログラム

===================================
昨年は313団体7,811名の方に受講いただきました。
                            (H29年度)
===================================

 

◎個人の方向けの案内はコチラまちあるき語り部
◎判断力を身につける実践型プログラムはコチラ防災キャンプそなえ
◎秋保・仙台駅発(毎週土,日)の募集型ツアーはコチラ⇒南三陸・気仙沼リアスきらきら号

2011年3月11日、東日本大震災によって失われたものは数多くあります。
しかし、多くを失ってしまったからこそ、学んだこと、大切だと気づいた事がたくさんあります。 自然災害の脅威、命の大切さや家族との繋がり、そして自分の地域の魅力や価値を再認識しました。
復興にはまだまだ長い時間を要します。この震災を風化させず、次の世代に安心で安全な未来を引き継ぐため、 この震災から学んだこと、教訓になった事をお伝えします。実際にこの地に来ていただき、実際に目で、耳で感じていただければと思います。

ガイド紹介

震災前、観光のお客様に南三陸の自然や歴史、食の魅力を伝えていたガイドサークル汐風のメンバーや、町内の各分野(一次産業、商工業、行政関係、サービス業、若い世代等)において活躍されている方々を講師にお迎えし、自身の体験談、そしてこの震災から得た教訓を伝えていきます。

※英語及び繁体語で案内可能なガイドもおりますので、詳細については一旦ご相談ください。

プログラムの流れ(例:講話+バス)

    1. 町内指定の場所にてガイドと合流
    2. 語り部ガイドによる講話:60分(室内にてスライド等上映・ガイド講話)
    3. 浸水エリアの視察:60分〜90分(お客様のバスへガイド同乗・浸水エリアの説明)
      ※講話及びバス案内時間については事前にご相談ください。

※オプションご提案>>>さんさん商店街でのお買い物
※プログラム全体で約2時間〜2時間半の内容になります。
※バスのみ、講話のみについてもご予約承ります。

コース例(浸水エリアバス案内)

南三陸ポータルセンター発===防災対策庁舎跡地===旧戸倉中学校===新魚市場前経由===ベイサイドアリーナ経由===南三陸ポータルセンター
※地図をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

プログラム料金・留意事項

最少催行
人数
10名(個人様の場合でも以下の料金が適応になります)
※最大120名まで
料金 ①講話+バス
バス1台20名まで20,000円(税別)
※それ以上の場合お一人様1,000円(税別)の追加になります。
②バスのみ
バス1台20名まで10,000円(税別)
※それ以上の場合お一人様500円(税別)の追加になります。
③講話のみ
15,000円(税別・会場費別途)

その他
■バス複数口や学生団体割引(小中高校生)についてはご相談ください。
期間 通年
  1. 実施可能な時間は8時30分~17時の間になります、夜間はお受けできません。
    (冬季間の最終受付15:00)
  2. 開始時間はお客様の行程、ご都合に合わせます。
  3. 講話は自身の体験とこの震災から得た教訓が話の中心で、町の復興計画や津波のメカニズム等、専門的な内容は提供しておりません。
  4. 高台にある学校等へは立ち寄りしておりません。
  5. 現地視察用のバスはお客様でご用意いただく必要があります。
  6. 道路状況によりご案内時間が前後する場合があります。
  7. 年末年始はお休みをいただいております。(12/30〜1/3)
  8. 3月11日はご予約を承りかねますのでご了承ください。

予約状況

○空き有り  △空きわずか  ×空きなし

年月 一週目 二週目 三週目 四週目以降
H30年3月  ○  ○ ○  ○ 
4月
5月
6月
7月
8月

プログラム風景

お申込み方法

フォームでのご予約

  • 当協会のフォームではSSL(頂いた情報を暗号化する技術)を導入しています。
  • フォーム送信の前に必ず個人情報保護方針をご確認ください。

は必須項目です。

  1. 注1)ご希望いただいた日程によっては、ご予約をお受けすることができない場合がございます。
  2. 注2)当日の担当者様については、お決まりであればで結構です。
  3. 注3)ご宿泊及びお食事の予定は当日のツアースケジュール作成時の参考にいたしますので、差支えなければご記入ください。

FAX・メールでのご予約

メール:post@m-kankou.jp
FAX:0226-46-3080

 

URL :
TRACKBACK URL :

口コミ・コメントなど

Return Top