【南三陸町観光協会公式HP】 宮城県南三陸から、地域の観光情報を発信中!

南三陸町観光協会公式ホームページへようこそ

海とともに、
生きるまち。

ツアー・プログラム

20代語り部ガイドによる被災地バス案内に関するお知らせ

20代語り部ガイドによる被災地バス案内に関するお知らせ

3月  7日()、  8日(
20代語り部ガイドによる被災地バス案内

【重要なお知らせ】

新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、本企画に
関しましては開催内容を見直すことといたしました。
★募集に関しては終了とさせていただきます

<変更内容>
・バス案内から、「まちあるき語り部」への変更
密室移動によるバス案内は感染拡大の可能性が高いと判断し、
屋外でのご案内となる「まちあるき語り部」へと変更いたします。
コースは復興祈念公園コース、ガイドは20代の語り部です。
・集合場所の変更
南三陸ポータルセンターから、「南三陸さんさん商店街」へ
変更といたします。
商店街内インフォメーションセンターにお越し下さい。
・料金について
バス案内から変更なく、一律1,500円/1名 といたします。
・持ち物について
マスク着用等、感染予防対策をお願いいたします。

尚、日程、集合時間及び開始時間に変更はございません。

この度は急な内容変更となり大変申し訳ございません。
一時は企画自体の中止も検討いたしましたが、遠方より
お越しのお客様もいらっしゃることから、このような
形での催行判断とさせていただきました。
誠にご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただきますよう
宜しくお願い申し上げます。(南三陸町観光協会 内木)

★以下は変更前の内容が含まれます

※2/20河北新報広域版でご紹介いただきました

PDF版はコチラ

南三陸町観光協会では、今年3月~5月に開催し大変ご好評をいただいた個人向けプログラム『20代語り部ガイドによる被災地バス案内』を、2020年3月に2日間限定催行いたします。
今回は12月に一部開園する震災復興祈念公園(献花台)にも立ち寄る予定です。
震災当時何が起こっていたのか、そして東日本大震災から10年目を迎えようとしている南三陸町はどのように復興しつつあるのか。若手語り部の案内と重ね合わせながら、現在の南三陸町を体感して下さい。
※満席になる可能性がありますので、お早めのお申し込みをお願いいたします
※語り部からのメッセージは主に自身の体験談と震災から得た教訓となります
※町の復興計画や津波のメカニズム等、専門的な内容ではございません

20代の語り部がご案内いたします

皆様をご案内する語り部は、中学生あるいは高校生の年齢で被災した20代の若者です。若い世代である彼らにしか語れない東日本大震災の記憶に耳を傾けていただけますと幸いです。
※これまでの開催の様子。5月は3日間で116名様にご乗車いただきました


各種メディアでご紹介いただきました

開催当時、新聞・TV等、沢山のメディアに取り上げていただきました。
その中から2社ご紹介させていただきます。
河北新報様 三陸新報様

 語り部紹介 

語り部ガイド:阿部 悠斗(あべ ゆうと)
震災当時:中学2年生 / 旧歌津町出身
卒業式の準備中に、中学校体育館で被災。
現在は観光協会職員として『まちあるき語り部』や
みなチャリ!』等を担当。夏場は主に
サンオーレそではま海水浴場』の管理業務に
従事。今年はメガネを外してご案内いたします。

語り部ガイド:西條 美幸(さいじょう みゆき)
震災当時:高校1年生 / 旧志津川町出身
高校の部活動中に、海辺にある公民館で被災。
現在は観光協会職員として『まちあるき語り部』や
各種パンフレット・ホームページのデザイン及び
制作を主に担当しています。
観光協会職員の名刺は彼女のデザインです。

語り部ガイド:佐藤 慶治(さとう けいじ)
震災当時:高校2年生 / 旧志津川町出身
学習プログラムの合宿中に戸倉地区で被災。
昨年度まで観光協会に在籍し、現在は自身の
夢に向かって邁進中。元祖・若手語り部!

当日は3名のうち1名がガイドを担当させていただきます。
※ガイドはローテーションでバスに乗車いたします。指名は出来ませんので予めご了承下さい。

当日案内ルート

※画像クリックでPDFが開きます

浸水エリアバス案内ルート

降車場所①
戸倉公民館(旧戸倉中学校)
震災当時、戸倉地区の中学校だった施設です。
かなりの高台に位置していますが、津波はここにも到達しました。
戸倉公民館では想像を超える波の高さを実感していただけます。

降車場所②
震災復興祈念公園(献花台)
震災遺構である防災対策庁舎周辺に整備中の公園施設です。
今年12月に一部開園し、令和2年秋頃に全域が開園予定。
さんさん商店街との間を流れる八幡川では中橋の架橋工事が行われており、
その様子もご覧いただけます。
※献花台のご案内となります。祈りの丘には登りませんのでご了承下さい。
※祈念公園は一部のみ開園の為、公園内全域のご案内はいたしかねます。

注意事項

・公共交通機関でお越しの場合、「志津川駅」及び「志津川中央団地駅」から
 集合場所(南三陸ポータルセンター)までは徒歩で約20分かかります。
 ※「南三陸さんさん商店街」からも同様の距離です
 語り部バスの出発時刻を遅らせることはいたしかねますので、
 お早めのご到着を
お願いいたします。

詳細

日程:3月  7日()、  8日(
時間:午前の部:10:30~12:00 ※受付:10時~
   午後の部:13:30~15:00 ※受付:13時~
人数:各回最大19名 
※各日ともに参加者が過半数に満たない場合、催行を取り止めることがあります
※各回とも申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます

※バスの指定席はございませんので、譲り合ってお座り下さい(お1人1席)

料金:1,500円(税込 / 1名)大人・子供同一
集合場所:南三陸ポータルセンター
    (南三陸町志津川字御前下51-1)

当日の流れ

<午前の部>
①10:00~  受付開始(集合:南三陸ポータルセンター)
※南三陸ポータルセンター窓口にて事前に受付とお支払いをお願いします
※お車でお越しのお客様は、敷地内の無料駐車スペースをご利用下さい
②10:30~ バス案内開始
③12:00  バス案内終了・解散(南三陸ポータルセンター)

<午後の部>
①13:00~  受付開始(集合:南三陸ポータルセンター)
※南三陸ポータルセンター窓口にて事前に受付とお支払いをお願いします
※お車でお越しのお客様は、敷地内の無料駐車スペースをご利用下さい
②13:30~ バス案内開始
③15:00  バス案内終了・解散(南三陸ポータルセンター)

お申し込みフォーム

20代語り部ガイドによる被災地バス案内

★募集は終了いたしました

開催状況

開催終了

開催期間

2020年3月7日(土)~8日(日)

開催日

2020年3月7日(土)、8日(日)

所要時間

約1時間30分

定員

各回19名

参加費

1,500円

集合場所

南三陸ポータルセンター(志津川字御前下51-1)

みなみな屋 eマルシェ:南三陸からあなたに届く四季のお便り

口コミ・コメントなど

Return Top