【南三陸町観光協会公式HP】 宮城県南三陸から、地域の観光情報を発信中!

南三陸町観光協会公式ホームページへようこそ

海とともに、
生きるまち。

ツアー・プログラム

ビーンズくらぶと「入谷の里でおとうふ作り」

南三陸町観光協会公式宿泊施設・体験ツアー等予約サイト『みなたび』
ビーンズくらぶと「入谷の里でおとうふ作り」

海があり 山がある

mstock_27
ここ南三陸町は、自然が育む大地の恵みが豊富な地。
地場で採れた産物は地域の人たちの手によって、ますます輝き美味しさに磨きがかかります。

昔ながらの知恵を生かし、食材を大事にする心。
自家栽培の野菜に、獲れたての旬の海産物。
新鮮で豊富な食材のすぐ側に、地域の豊かな暮らしが見えてきます。

 

講師紹介:ビーンズくらぶ

ビーンズくらぶ1南三陸町入谷地区で休耕田を活用し、大豆の栽培などを行っている女性農業グループ。
自ら栽培した豆類を販売するだけでなく、納豆やきなこ等加工品も手掛け、六次産業化に取り組んでいる。 
最年長82歳を筆頭に6人のメンバーで日々元気に活動中。
>>「ビーンズくらぶ」って?

 

南三陸町の豊かな暮らしをちょっぴり体験

IMG_0729
地元に数ある休耕田を何とか活用できないか?
年齢も職業も様々な地域の女性たちが立ち上がりました。
その名も「ビーンズくらぶ」

IMG_0464
最年長、82歳のメンバーを筆頭に、皆で知恵を出し合い毎日が勉強の日々。
失敗を重ねながらも、女性ならではの感性と持ち前の明るさで
活動の輪はどんどん広がっています。
今やその活動は、大豆やソラマメなどを栽培、販売するだけでなく、
納豆や豆腐、きなこなど加工品を作るまでに発展してきました。

IMG_2633IMG_2769
きっかけは休耕田でつくる豆。
ちょっとした活動の輪が地域のお母さん方をむすび、
今では日々の暮らしを彩るのに欠かせない生活の一部となりました。
つくる、育てる、そして食す。
実は、丁寧な暮らしのなかに、心を豊かにする贅沢が詰まっているのかもしれませんね。

IMG_0612

 

やさしいお味の手作りとうふ

IMG_0240
南三陸町入谷地区で、丹精こめて育てられたミヤギシロメ。
一晩水につけると、丸々ふくよかな形に姿を変えます。

フツフツ熱々の鍋から、大豆の甘い香りが立ち上がる。
出来立ての豆乳をちょこっと味見する。
固まる前のふっくらフワフワの豆腐をつまみ食いしてみる。

どれもこれも手作りならではのおいしいところ。
そんな“ならでは”のうれしい醍醐味をぜひ入谷の里で体感してみませんか?
ビーンズくらぶと一緒に「入谷の里でおとうふ作り」
南三陸町でほっこり時間を過ごしたい方、お待ちしております。

プログラムの流れ

1.童子下公民館 四季の里集合(宮城県本吉郡南三陸町入谷字新童子下42)
2.豆腐つくり体験開始
3.試食タイム
4.終了、解散

プログラム料金、留意事項

・定員:5名~10名(最大人数は応相談)
・体験料:おひとりさま 1,500円(税込)
・所要時間:約2時間半
・期間:通年(一週間前を目安に、前もってご予約ください)
・持ち物:エプロン、三角巾
※開始時間はお客様のご都合に合わせますのでご相談ください。
※予約の取消し(キャンセル)について
お客様の都合によりキャンセルされる場合、以下のキャンセル料が発生いたしますのでご確認ください。
⇒当日キャンセル:料金の100%

 

プログラムの予約・お申し込みはコチラ

>>>南三陸町観光協会公式予約サイトみなたび」 よりお申し込みください。
①みなたびバナー

開催状況

開催中

開催期間

平成27年1月~

開催日

希望日をご相談ください

所要時間

約2時間半

定員

5名~10名まで(※最大人数は応相談)

参加費

おひとり様1,500円(税込)

集合場所

童子下公民館四季の里(南三陸町入谷字新童子下42)

口コミ・コメントなど

Return Top