【南三陸町観光協会公式HP】 宮城県南三陸から、地域の観光情報を発信中!

南三陸町観光協会公式ホームページへようこそ

海とともに、
生きるまち。

23.岩石さんの木造船

歌津では木で船を造ることを「船をはぐ」という。
16歳の時からひたすら船をはぎ続けて早60年になろうとしている人がいる。
歌津の岩石孝喜さんだ。地元の人たちは「めいげのでくさん」(明家の大工さん)と屋号で彼を呼ぶ。

ほとんどの船がFRP製になってしまった今でも、歌津では数は少ないが木造船が使われている。FRPの船は薄いので磯場で岩にぶつかると穴があきやすく、船体が軽いので風で流されやすい。
木の船は木の厚みがあるので磯場に強く、重いので風が吹いても流されにくい。安定感があり、片側に寄っても転覆する心配がない。歌津の磯場のウニ漁やアワビ漁には最適なのだ。

大津波で船のほとんどが流されてしまった後、地元の漁師たちは岩石さんに造船を依頼した。岩石さん自身も作業場を流されたため、一切の道具を失った。ゼロから道具を取り寄せて船造りを再開させ、数艘を造って納めた。

歌津で漁に使われる船は、船の全長が26尺から28(78m)、船の幅は45寸から7(1.2l.3m)。岩石さんは幅30cmの杉材で船をはぐ。
形や太さなどを吟味された樹齢70年ほどの杉が材料だ。
板と板をぴったり舟釘でつなぎ合わせる。木造船が全国的に減少し続ける中、舟釘を作る工場も広島県にしかなくなった。4種類の舟釘を使い分けて、板と板をぴたりと貼り合わせるのは熟練の技だ。船の側面の湾曲を造るときには、ワラを燃やしてあたため、ゆっくり曲げていく。

岩石さんは船の話になると、とびきりの笑顔になる。
アワビやウニの開口の日には、ふだんは漁をしない岩石さんも、自作の船で海に出て行く。

Return Top