【南三陸町観光協会公式HP】 宮城県南三陸から、地域の観光情報を発信中!

南三陸町観光協会公式ホームページへようこそ

海とともに、
生きるまち。

07.神割崎

神様が割った岬は、南三陸町と石巻市(旧北上町)の境目にある。
昔、この浜に大鯨が打ち上げられた。それを取り合い、南三陸の人々と隣りの十三浜村の人々は争った。その夜、岬と鯨はまっぷたつに割れた。神様が人々のいさかいの仲裁をしたのだろうと、人々は噂した。その大岩の割れ目が村境になった。

その割れ目には絶え間なく、荒々しいしぶきを巻きあげながら白波が寄せる。季節やその日の天気、潮の状態によって、その風景は千変万化。二度と同じ光景に出会うことはない。とどろく波の音が、切り立った岩に囲まれて増幅し、身がすくむようだ。

神割崎(かみわりざき)は人間の力をはるかに超えた大自然の脅威を感じる聖域だ。
 
10
月下旬と2月中旬、その岩の間から太陽が昇る。それは、まさに「神割崎」という名前を具現化する、神々しい瞬間だ。

周辺の遊歩道は、ニッコウキスゲの群生や野生のショウブ、そして、まるでアート作品のような枝ぶりの松と出会える心癒される散歩道だ。耳を澄ますとさまざまな野鳥の声が聞こえてくる。岬の突端に出ると、晴れた日には、青い海の向こうに遠く江の島や金華山が見える。

神割崎にはキャンプ場も整備されている。潮風に吹かれながらのバーベキューは格別のおいしさだ。

>>>太平洋に面した壮大な景色が楽しめる 神割崎キャンプ場

Return Top