ラーニングジャーニーin南三陸

町内のツアープログラム

ラーニングジャーニーin南三陸

ラーニングジャーニーin南三陸

掲載日/ 2017.4.17

被災地の「現在」を考える事は、日本の「未来」を考える事
体験や民泊などを通じて地域の方と交流し、地方の暮らしを体験します。
滞在中は様々な地域づくりや地域再生の活動を学ぶとともに、
地域が抱える課題と、それらの解決に向けての取り組みに参加します。
被災地では日本全体が抱えるあらゆる課題が10年早く表面化していると言われており、
被災地の今を考えることは、日本の将来を考えることに繋がります。

mstock_27

東日本大震災により
水産業・観光業を基幹産業としてきた南三陸町。
2011年3月11日の東日本大震災によって人命だけでなく、
各産業がマイナスからの出発を余儀なくされました。
人口減少の課題は特に深刻で
2015年国勢調査では前回調査(2010年)より減少率29%
震災の影響が大きく、全国第三位という衝撃的な数字が出ています。

この地で学ぶ意味
人口減少や担い手不足、経済活動の停滞などは
日本全国の地方が抱える、またはこれから直面する課題です。
東北の被災地にはその課題が加速度的に到来しています。

生業の中にある具体的課題をテーマに
前例のない課題解決に取り組む「人」や「プロジェクト」に
直接関われるプログラムは被災地ならではのものです。
地域づくりや防災・減災、自然環境や産業、コミュニティ形成など
希望する研修カテゴリーから選択し、地域課題や現状に直に触れ、共に考えます。



プログラム①講話について
地域が抱える様々なジャンルの課題や現状、震災後の取り組みや歩み、
将来展望や希望、悩みなどをその分野の専門家がお話しします。



〇宿泊について
民泊:
地域の一般家庭に少人数に分かれて、宿泊します。
地域の生業や暮らしに触れる、現地の方との交流をメインにしたい方にオススメです。

民宿・宿泊施設:
大小様々なお宿が存在します。皆で宿泊することで
夜に全体での振り返りや参加者同士の交流の時間を設定することができます。


プログラム②フィールド活動について
土や風を直に感じて、人の「熱」に触れてみましょう。
実際に自分の手足を使って活動することで、その活動に主体的に参加します。
前日の講話で現状や課題を学んでいるため、
活動の意義や関連性をスムーズに捉えることが可能となります。
参加フィールドはおでって活動の受け入れ先が主⇒詳しくはコチラ
(おでってはこの地域の方言で「お手伝い」の意味)
28年度は約3,000名の方が
漁業・農業・地域イベントなど50の現場で活動に参加しています。

〇プログラムの流れ
※1泊2日の滞在イメージです、開始終了時間はご相談ください。
 

1日目
14:30 プログラム①:地域課題や現状についての座学(60-90分)
16:00 宿泊施設・民泊家庭へ
     ※民泊の場合は家庭での滞在時間を長めに設定します。
2日目
09:00 プログラム②:フィールド活動(おでって活動 半日~1日)
14:00 振り返り・終了

〇プログラム料金、留意事項
・定員:5名~(最大人数は応相談)
・プログラム料金:
 おひとりさま 大学生以下10,000円(税別)社会人12,000円(税別)
今年度の活動について「みやぎ農山漁村交流促進事業補助金」を受けられます。
条件にもよりますが、宿泊について1人1泊あたり2,000円を
上限に宮城県より補助があります。詳しくはお問合せください。
※料金に含まれるもの
プログラムにかかる体験料/講師料、フィールド活動費用、宿泊費
2日目の昼食代、施設使用料、教材費、宿泊費傷害保険の加入費
※料金に含まれないもの
町内までの移動費、町内の移動費、オプションで設定するプログラム費用
プログラム範囲外の飲食費、その他個人的諸費用

・期間:通年(1ヶ月を目安に、前もってご予約ください)

お問合せ先
南三陸町観光協会
TEL:0226-47-2550 mail:post@m-kankou.jp

お申込みは下記フォームより送信願います(仮予約)

行程・見積りの確認後、本予約となります。

過去の実施レポートはこちら

お申込みフォーム ※印は必須項目です

プログラム設定日※
参加人数※
会社名・所属団体名※
ご担当者氏名※
フリガナ※
メールアドレス※
メールアドレス確認用※
電話番号※
ご希望の研修ジャンル※ 希望なし農業漁業林業観光商業福祉・教育行政環境
ご希望の宿泊形態※ 民泊民宿・宿泊施設その他
補助事業の導入 希望しない希望する
追加オプション
任意選択
震災学習地域住民との交流の機会(民泊以外)U・Iターン者との講話
プログラム参加の目的 学校・企業での専攻分野との関連性地方での仕事地域での暮らし地域づくり一次産業への関心震災復興
その他お問い合わせ

携帯電話のメールをご利用になる場合、docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、回答のメールが正しく届かないことがございます。
ドメイン指定受信に「m-kankou.jp」を追加した上でお問い合わせください。

開催期間通年
開催期日希望日を設定
所要時間1泊2日
参加費10,000円~
ご予約・お問い合わせ

お問合せ先

南三陸町観光協会

TEL:0226-47-2550 mail:post@m-kankou.jp


口コミ・コメントなど

Facebookでの口コミ・コメント

Top