南三陸町の観光施設「ひころの里」

ひころの里

  • ひころの里の魅力
    南三陸町の入谷地区は、仙台藩養蚕発祥の地として絹の生産で栄え、 その繁栄をしのぶことができるのが、旧入谷村の村長も務めた須藤家の邸宅「ひころの里」です。 「ひころ」とは「ひかり」の意味。座敷からは遠く保呂羽山を借景に、四季折々の美しい眺めを楽しむことができます。
  • アクセス
    • ●仙台から国道45号で約120分/約90km
    • ●三陸自動車道桃生津山ICから約30分/約30km
    • ●三陸自動車道登米東和ICから約20分/約12km

    詳細は町内ナビマップをご覧ください

  • お問い合わせ
    「南三陸町ひころの里管理事務所」
    〒986-0782
    宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442
    定休日:毎週火曜日
    開館時間:4~10月9:00~17:00/
    11~3月 9:00~16:00
    TEL:0226-46-4310
    FAX:050-3044-1635
    E-mail:hikoro-r@y3.dion.ne.jp
    HP:コチラ
  • ご利用料金
     大人高校生小・中学生
    一般¥400¥240¥160
    団体¥320¥190¥120
    10名様以上団体となります
  • ひころの里の学びのプログラム
    施設のスタッフ”ひころレディース”による 様々な学びのプログラムをご用意しております。 詳細は下記リンクをご参照ください。
Top